さいど証氏を推薦――川島町町長選(第104回2010年12月28日)

民主党は来年1月18日告示、同23日投開票の川島町長選挙に、町議会議員の道祖土証(さいど・いさむ)氏の推薦を決定。去る12月19日の同氏の事務所開きには、松崎哲久代議士(埼玉10区総支部長)も出席し、支援者の皆さんに推薦の経緯を発表しました。

川島町長選挙は、4年前に2期目の当選を果たした高田康男現町長の任期切れに伴って執行されるものです。さいど氏は既に「川島町を変える10の約束」を発表し、川島町を発展させる具体的構想を練り上げています。

さいどいさむ氏の写真

さいど氏のプロフィール

1954年(昭和29年)1月、大字戸守に生まれ、中山小学校、川島中学校を経て、川越商業高校卒業(野球部所属)。現在の伊藤忠食品株式会社に勤務した後、家業の酒店林屋へ移籍、1991年から「リカーショップさいど」「ふれんどクリーニング取次店」を経営。川島町議会議員には1999年に初当選以来、3期目。12月まで副議長を務めた。1986年、日本スポーツ少年団認定育成資格取得。

後援会事務所

〒350-0151 川島町八幡3−1−4
TEL 049-299-4135 FAX 049-299-4136

 

代議士のテレビ出演(第103回2010年12月18日)

18日午前11時からテレビ東京系列の『田勢康弘の週刊ニュース新書』に生出演します。朝刊テレビ欄には「小沢氏剛腕復活のマル秘シナリオ」と出ていますが、私に依頼されたテーマは「菅・民主党政権の成果と課題」です。

「小沢一郎代表選挙発言集」記者発表(第102回2010年9月13日)

政策班がまとめた「小沢一郎代表選挙発言集」を午後4時半から記者発表します。5時頃には公式特設ホームページ http://www.ozawa-ichiro.jp/elections/ にupしますので、是非ご覧ください。ここ数日、私は(坂戸の選挙以外は)かかりきりでした。

木下たかし氏、当選(第101回2010年9月13日)

 坂戸市選出の県議会議員補欠選挙(西11区)が9月3日告示、9月12日投開票の日程で執行されました(有権者数80,623、投票率29.10%)。結果、民主党推薦の木下たかし氏が初当選を果たしました。

木下たかし(民主推薦)11,699票
小川ただし(自民推薦)11,291票

 最終盤の10日(金)には枝野幸男幹事長(当時)が応援に坂戸入りした他、大野元裕、行田邦子、山根隆治の全参議院議員や、県連幹事長の高山智司、小宮山泰子両衆議院議員も来援し、党・県連が総力をあげて得られた結果です。

代議士のテレビ・ラジオ出演(第99回2010年9月3日)

8月27日(金)の『朝ずば』(TBS)、30日(月)の『ひるおび』(TBS)、31日(火)のBSフジ『プライムニュース』、9月1日(水)の『ひるおび』、2日(木)の『おはよう日本』(NHK総合)に引き続き、明日、下記の番組に生出演することになりました。時間のご都合がつかれる方は、是非、ご覧ください。

番組名 『みのもんたのサタデーずばっと』(TBS)
日時 9月4日(土)の午前5時45分から7時30分のうち、代表選関連コーナー。他のコーナーでもコメントします。

9月7日追加

番組名 『ワイド!スクランブル』(TV朝日)
日時 9月7日(火)のお昼12時から約20分間、代表選の「応援議員生激突」のコーナーです。

9月9日追加、ラジオ出演です。

番組名 『私も一言:夕方ニュース』NHK第1
日時 17時15分頃から35分間です。

9月10日追加

番組名 『Nスタ』(TBS)
日時 9月10日(金)午後4時53分からの内、代表選関連コーナー17時45分頃から(VTR)。

番組名 『サンデーフロントライン』(TV朝日)
日時 9月12日(日)午前10時から11時45分の内、代表選のコーナー10時10分頃から1時間。

9月16日追加

番組名 『INsideOUT』(BSイレブン、11Ch)
日時 9月16日(木)午後10時00分からの内、10時07分頃から約40分間。

 

代表選の街頭演説日程

当日、埼玉県連の党員サポーター集会もありますが、特に池袋は単なる演説でなく、小沢一郎候補本人のショートスピーチと握手等の趣向です。絶好の機会ですので、是非、ご参加下さい。

弁士 小沢一郎候補&菅直人候補(届出順)
日時 9月4日(土)午後1時〜
場所 東京・新宿駅西口(小田急前)

小沢一郎党員・サポーター集会

日時 9月4日(土)午後2時〜
場所 東京・池袋駅西口駅前広場(東京芸術劇場前)

小沢選対ニュース(第100回2010年9月6日)

「いっちゃんニュース」は小沢一郎公式特設ホームページ http://www.ozawa-ichiro.jp/elections/ の最後の部分、ダウンロード欄に掲載されております。

民主党代表選挙を実施(第98回2010年9月1日)

 民主党は9月1日告示、14日臨時党大会(国会議員投票)の日程で代表選挙を実施します。この選挙には、5月末日までに党本部に登録または更新手続きを終了した党員・サポーターの皆様も参加することが出来ます。全国で34万2493人、埼玉10区で1156人の方が登録済み有権者となります。つまり、あなたの一票が実質的に日本の首相を決める選挙なのです。

 この代表選挙はポイント(P)制で、国会議員412人が各2P、地方議員2381人がドント式で100P、党員・サポーターが300小選挙区ごとに多数を占めた候補者が1Pを獲得する仕組みで、計1224Pの過半数である613P以上で当選がきまります。

 埼玉10区内に居住される有権者の皆様には、10区総支部で登録をされた方々以外にも、県内の1〜15の小選挙区総支部、参議院総支部、さらには他県の総支部や比例代表候補の関係者として登録された党員・サポーターの方がいます。つまり、どの総支部で手続きをされたにせよ、今、埼玉10区の10市町にお住まいの皆様の全てが10区の持つ1ポイントの有権者になります。

 この有権者の皆様は、昨年8月の「政権交代選挙」の際には、おそらく全員が松崎哲久に投票して頂いたと思います。その方々にお集まり頂いて私の考え(政策アピール第85回)をご説明し、併せてご意見・ご感想を聞かせて頂くための「タウンミーティング」を開催します。猛暑の中で恐縮ですが、お一人でも多くの皆様にご参加いただきたいと思います。なお、党員・サポーターに登録されていない後援会・支持者の方々、月曜クラブの皆様のご参加も歓迎いたします。

 

代表選タウンミーティング(第12回月曜クラブ)

日時 9月5日(日)午後2時より4時

場所 坂戸市文化会館/第一会議室

坂戸市元町17−1 TEL 049-282-0100

会費 200円(会場費+飲物・茶菓代)

民主党、木下たかし氏を推薦――坂戸市県議補選(第97回2010年8月13日)

坂戸市選出の県議会議員補欠選挙(西11区)が9月3日告示、9月12日投開票の日程で執行されます。民主党は坂戸市前教育委員で、富士通ビジネスシステム関東支社長の木下たかし氏を推薦することを、12日、県連常任幹事会で決定しました。

この補選は、自民党の鹿川文夫氏が県議会最終日の8月4日に突然辞職したためにおこなわれるもので、任期は来年4月までの6ヵ月しかありません。鹿川氏の辞職理由は「一身上の都合」とされていますが、ここ数ヵ月、残土の不法投棄問題で窮地に立っていたことなどが新聞で報道されていました。法の規定ですから補選は執行されなければなりませんが、1千万円単位の経費は市民の税金から支出されるのです。

木下たかし氏の写真

木下氏は来年の任期満了による本選挙を目指し、立候補の準備を進めていました。昨年12月、民主党の候補者公募に応じ、今年の2月に「適格」の通知を受け、名簿に登録済みです。そして教育委員の任期が9月30日まであるので、その任を全うした後、10月から本格的に活動を開始する予定でした。

今回、急遽の補選で教育委員を途中辞任(8月10日付)することになったのは不本意だと思いますが、民主党の推薦候補として、党・県連・10区総支部も総力を挙げて支援いたします。

事務所は、坂戸市大字坂戸1492-1 TEL 049-280-0660 FAX 280-0661です

木下氏のプロフィール

昭和34年(1959)、坂戸市成願寺に生まれ、同57年(1982)、城西大学経済学部経営学科を卒業。翌年、(株)富士通ビジネスシステム(一部上場)入社。30年近く勤め上げて、今年の4月に関東支社長に昇進しました。

社会人として活躍すると同時に、ふるさと坂戸のためにボランティア活動も続けています。「ふるさとの川クリーンキャンペーン」や「国際交流フェスティバル」に取り組み、坂戸市民応援団事務局長、坂戸市広報委員、そして教育委員を務めました。

長野は民主党が4戦全勝

8月8日は長野県知事選挙の投票日で、民主党推薦の阿部守一氏(前内閣府行政刷新会議事務局次長)が村井仁現知事の後継者である腰原愛正氏を破って初当選を果たしました。この結果は全国版にも報道されましたが、注目すべきは同時に実施された長野県議の補欠選挙です。

県議補選は民主候補が圧勝

長野市、安曇野市、下伊那郡の3選挙区で行なわれた補選は、いずれも民主党の新人が当選したのです。長野市は党公認の倉野立人氏(48)が96,813票vs.36,396票で圧勝。安曇野市は推薦の甕裕一氏(40)が25,371票vs.16,384票で、下伊那郡でも推薦の吉川彰一氏が15,182票vs.12,350票で自民党公認を破ったのです。

 

9月7日告示の滑川町長選挙に民主党推薦で出馬を表明していた上野広氏は、ドクターストップがかかり立候補を断念することになりました。なお、町議会議員の活動には支障はありません。8月1日投票の東松山市長選挙は森田光一前県議が当選、5日に初登庁。しかし得票率は、投票者に対して36.4%、全有権者に対して18.9%の少数支持でした。


鳩山前首相の「友愛」贈呈式(第96回2010年8月13日)

友愛の額を贈呈する鳩山由紀夫前首相

8月8日、鳩山由紀夫前首相が1年ぶりに埼玉10区を訪れました。まず午前10時半、鳩山町役場に到着。町長室で「友愛」の額の贈呈式が行われました。1955年に合併した鳩山村に、当時の鳩山一郎首相の額が贈られたことは既にご紹介しました。「政権交代選挙」の解散翌々日の7月23日、当時の鳩山代表は都外遊説第一声に鳩山町を選び、その折、祖父の一郎首相が揮毫した額に対面しましたが、総理就任後、小峰孝雄町長から「由紀夫首相も友愛の書を」と要望がありました。

超多忙な総理のスケジュールは誰もが承知していましたが、後継の代表に菅さんが選ばれ、首相に正式就任するまでの間に(おそらく首相在任最終日)、鳩山さんは約束を果たしてくれたのです。松崎代議士を経て鳩山町に渡された「友愛」の書を額装し、この日、鳩山前首相からの贈呈式がおこなわれました。今、2つの「友愛」の額は町長室に掲げられています。一郎首相は右書き、由紀夫首相は(鳩山町の要請に順って)左書きです。写真のように並べて見ると、「友」の字などは特にソックリなのに驚きます。

 

ときがわの「対話&BBQ」集会に参加

バーベキュー集会に参加する鳩山由紀夫前首相

正午、鳩山前首相は松崎哲久後援会が主催する「対話&バーベキュー」集会に参加するため、ときがわ町の「川の広場」に到着しました。会場には350人の参加者が待ち受けていましたが、1人1人に握手したり、記念撮影に応じたりと、気さくな人柄で全員を魅了しました。

セレモニーは1時から。地元の関口定男ときがわ町長、伊利仁坂戸市長や小峰孝雄鳩山町長はじめ来賓の方々や、民主党の国会議員・地方議員がたくさん紹介されるので、鳩山さんも驚いた様子。五十嵐文彦代議士は9月の代表選挙のキーマンの1人ともいえる立場だけに、意味深長な発言には同行した記者たちもニンマリ。その後もBBQ集会は盛り上がりましたが、2時すぎ、行田邦子参議院議員の締めくくりの挨拶でお開きとなりました。

 


東松山市長選、松坂喜浩氏惜敗(第95回2010年8月2日)

 8月1日は八朔(はっさく)といって、江戸時代は特別のお祭の日でした。徳川家康が1590年に関東移封した際、最初に入部した日だからです。以後、親藩・松平家の領地が長かった東松山市では、16年ぶりの市長選挙の投開票日でした(坂本祐之輔・現市長が3回、無投票当選したため)。5人が立候補しての混戦となりましたが…

 結果は、前・自民党県議の森田光一氏が13,537票で当選、民主推薦の松坂喜浩氏は10,191票で及ばず。しかし3位竹森郁氏5,221票、4位鈴木健一氏4,814票、5位新井勝氏3,421票で、森田氏は当選したとはいえ36.4%の得票率(相対)でした。

 選挙の結果が出た以上、自派だけでなく全市民を代表する市長としての市政運営を期待します。当日有権者は71,475人、投票率は52.58%、絶対得票率は18.9%でした。

ツイッターを始めました(第94回2010年7月11日)

 参議院選挙投票日の7月11日(日)から、ツイッターを始めました。今回の参院選には間に合いませんでしたが、次回の総選挙は「ネット解禁」になります。私の広報手段も、『プレス民主』号外版、ホームページ、そしてツイッターと多彩に展開しておく必要があるからです。

 パソコンあるいは携帯電話からも登録できますので、ぜひ、皆様もフォローしていただくようお願いします。

登録アカウント @mztminshu

http://twitter.com/mztminshu でご覧になれます)

恒例の「対話&バーベキュー」のご案内(第93回2010年7月5日)

歴史的な「政権交代。」が実現した総選挙直前の昨年は休みましたが、今年は毎夏恒例の「対話&バーベキュー」集会を実施いたします。党員・サポーターの方も、後援会メンバーの方も、この号外をご覧いただいているだけの皆様も、一緒に集まっていただき対話と懇親の一ときをすごしましょう。

会場は例年と同じ、ときがわ町の「川の広場」。都幾川の渓流に臨んだ環境抜群の会場です。ぜひ、ご家族でのご来場をお待ちしています。

日時 8月8日(日) 12時〜15時

参加会費 1,000円(中学生以下500円、未就学児無料)

会場 ときがわ町「川の広場」 (駐車可)

ご希望があれば、武蔵嵐山駅から送迎しますので、事前にご相談下さい。

水洗トイレを利用できます。酒類も用意いたしますが、有料で会費とは別売りとします(持ち込み可、酒類以外は会費に含む)。ただし、車を運転してご来場の方は、絶対に禁酒をお守り下さい。

雨天の場合はバーベキューを中止します。荒天が予想される場合には、前々日の8月6日(金)までに対応を決定しますので、事務所にお問い合わせ下さい。

スタッフご協力のお願い

「対話&バーベキュー」の当日、スタッフとしてお手伝い下さる方を募集しています。午前中から準備をお願いできる方、後片付けにご協力いただける方、あるいは開催時間中(12時〜15時)の仕事を分担して下さる方など、老若男女を問いません。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

ときがわ町川の広場地図

参院選は最終盤(第92回2010年7月5日)

昨夏、政権交代が実現し鳩山由紀夫内閣が発足しました。が、ご承知のように政権運営の未熟さ等があって、鳩山内閣は国民の皆さまの信を失い、人事を刷新。菅直人首相・枝野幸男幹事長の新体制のもとに参議院選挙を戦うことになりました。

6月24日に公示された参院選は既に終盤に入っていますが、従来の参院選とは異なって関心も高いようです。期日前投票を済まされた方も多いと思いますが、11日の投票日に問われているのは、民意は、ふたたび民主党に「改革の続行」を命じるのか、それとも衆・参に「ねじれ」を生じさせて政治的不安定を再来させてしまうのか、ということです。

民主党は、初期の政権運営に失敗したことを猛省しています。その過ちを教訓に、今度こそ、民意に基づいた「国民の生活が第一。」の政策を着実に実施するように努めます。埼玉選挙区そして比例代表区で示された審判こそ、日本の将来を決定する大きな意味をもつことになるでしょう。

東松山市長選挙

松坂よしひろ氏の写真

民主党埼玉10区総支部にとって、この夏の選挙は参議院だけでは終わりません。その余韻もさめやらぬ7月25日(日)告示・8月1日(日)投開票の日程で、東松山市長選挙が執行されます。すでにご案内をしましたが、この選挙に民主党は現・市議会議員の「松坂よしひろ」氏を推薦しています。

県議補選

市長選挙に自民党の県議が立候補を予定して辞職したため、定数1の西14区(東松山市)は欠員となり、補欠選挙がおこなわれます。この選挙は7月23日(金)告示・8月1日(日)投開票の予定ですが、現段階では民主党が友情支援する「江野こういち」氏のみが出馬を表明しています。他に立候補者がない場合は、23日に無投票当選が確定します。

 

滑川町長選挙

うえの広氏の写真

その後は裏面に掲載しました8月8日(日)の「対話&バーベキュー集会」がありますが、夏も終わる頃、9月7日(火)告示・12日(日)投開票で滑川町の町長選挙が執行されます。民主党は現・町議会議員「うえの広」氏を推薦しています。なお、同月に民主党の代表選挙が実施される可能性もありますので、あらためてご案内いたします。

東松山市長選挙の「松坂よしひろ」氏、滑川町長選挙の「うえの広」氏については、ボッシュ、郵便局、NTT、東京電力、ヤオコー、マルヒロ、マミーマート、教職員、自治体職員、電機産業、自動車産業などの労働組合の連合体である連合埼玉の推薦も決定しています。

 


鳩山首相が辞任(第91回2010年6月2日)

 6月2日、国会内で開かれた民主党の両院議員総会で、鳩山由紀夫首相が辞任を表明。その後の党役員会・常任幹事会で小沢一郎幹事長の辞任も了承されました。

 民主党は今後、4日午前中に両院議員総会を開いて後任の代表を選出。同日午後の衆議院・参議院の本会議で新首班を指名いたします。天皇陛下のご予定とご健康に配慮するため認証式の日取りは未定ですが、来週中に新首相の所信表明と代表質問を終える段取りです。

 党員・サポーターの皆様には、今回も代表選挙にご参加いただくことが出来なくなりました。通常国会の会期末が6月16日に迫っておりますので、国政の空白を最小限に抑えるための措置ですが、誠に心苦しくお詫びを申し上げます。

 同時に、鳩山首相・小沢幹事長の連袂(れんべい)辞任は5月29日付の「近日雑感」に記しました「猛省」について、党首脳が真摯に対応して下された結論だということをご理解たまわりたいと思います。昨年8月にお寄せいただきました皆様方のご期待にお応えするべく、私たち民主党は、もう一度出発点に戻って、新たなる決意で改革続行の努力をいたします。

民主党、うえの広氏を推薦――滑川町長選(第90回2010年4月30日)

滑川町長選挙が9月7日告示、9月12日投票で執行されます。この選挙に、民主党は現職の町議会議員の上野広氏を推薦することを決定、4月28日に本人と松崎哲久代議士(埼玉10区総支部長)が出馬の記者会見をいたしました。

上野広の写真 8月1日に執行される東松山市長選挙に立候補を予定している松坂よしひろ氏と同様、民主党は必勝の体制で取り組みます。なお、5月23日に投開票の小川町長選挙には、現職の笠原喜平氏(73歳)と戸口まさる町議(42歳)が立候補予定ですが、民主党は中立、自主投票としています。

上野氏のプロフィール

昭和22年、滑川町羽尾生まれ。宮前小・中学校を経て県立川越高校を卒業、東北大学工学部、大学院修了。東燃化学に入社し、旧大井町の同社石油化学製品研究所長を最後に退職。平成11年、滑川町議会議員にトップ当選し、現在3期目。家族は妻と二男一女。

 

ときがわ町議会議員選挙結果について(第89回2010年2月22日)

ご支援いただきましたときがわ町議会議員選挙(有権者数10,780、投票率69.40%)の結果、民主党公認・うりた清候補は、下記のとおり当選させていただきました。

うりた清 (民主党・新人) 337票

(定数13名中、11位)

以上、ご報告申し上げます。

うりた清氏を公認――ときがわ町議選(第88回2010年2月15日)

2月16日(火)告示、21日(日)投開票で、「ときがわ町長選挙」と「ときがわ町議選」がおこなわれます。町長選挙は関口定男町長のみが立候補予定で無投票となる見込みですが、町議選は定数13のところ、このたび民主党が14人目の候補者として、番匠在住で「ときがわ町区長会会長」の瓜田清氏の公認を決定しました。

うりた清氏のプロフィール

昭和21年(1946)生まれ、63歳。東洋大学工学部を中退後、コンピューターのソフト開発に従事。平成4年(1992)から福祉施設の職員として勤務し、現在は東松山市下野本の比企デイサービスセンター生活相談員。平成20年(2008)から、ときがわ町区長会会長を務める。

私の政治姿勢

瓜田清

瓜田清氏の写真

大学を中退し、コンピューターのソフト開発の仕事を手がけ、その後は医療事務の仕事に就きました。保険請求のコンピューター化を国に要望し、それが受け入れられる道筋が出来たのを機会に、福祉の分野に転職しました。

現在は福祉施設で生活相談員の仕事をする傍ら、家内が代表を務めるNPO法人ハッピーの職員として自宅で5人の知的障がいを持つ子どもたちと暮らしています。2年前からときがわ町区長会会長として、地域の皆さんの要望や55人の区長さん達のご意見を取りまとめ、行政や町長あるいは議会に、要望や陳情を重ねてきました。

この度のときがわ町議会議員選挙に際しても、区長会として議員定数の削減に関し、現在の16を10〜12にするべしという意見をまとめ、昨年10月には議会に提出していたところであります。が、残念ながら受け入れられず、最終的に定数は13になってしまいました。しかも、選挙には新人3人が立候補を表明していますが、現職6人が引退を表明し、結果として無投票となりそうな状況でした。

このままでは住民の声を十分に反映させる議会運営が行われるかどうか甚だ疑問であり、一住民として憤りさえ感じ、遅まきながらではありますが、民主党の皆さんのご協力を得て、ついに自ら立候補を決意いたしました。

選挙の経験もありませんし、政策も十分ではないのは重々承知しておりますが、福祉の分野で培った経験と区長会長としての実績を踏まえて、ときがわ町の住民の暮らしを精一杯守る政治を行ってまいりたいと考えています。地域の皆さんのおせっかい焼きの議員となって、皆さんの声の代表に、さらには「声なき声」の代表にならせて頂きたいと思います。


松坂よしひろ氏を推薦――東松山市長選(第87回2010年2月5日)

松坂よしひろ氏の写真 東松山市の坂本祐之輔市長は今年8月に4期目が満了しますが、すでに「5選は求めない」=出馬しないことを表明しています。したがって、後継の市長を決める市長選挙が執行されることになります。

この選挙に、民主党は元市議会議長の松坂喜浩氏を推薦することを決定、2月4日午後4時に東松山市役所で本人と松崎哲久代議士(埼玉10区総支部長)が記者会見をいたしました。

 

松坂氏のプロフィール

昭和35年(1960)生まれ、49歳。中央工学校土木建設科卒業後、市内の建設会社に勤務の後、1989年、松坂工業株式会社を設立し代表取締役に就任。平成11年(1999)の東松山市議会議員選挙に立候補、以後、3回連続トップ当選(会社は市議初当選直後に退任)。

 

松坂よしひろ後援会

〒355-0044 埼玉県東松山市大字正代1179

Tel 0493-34-3813 Fax 0493-34-3708

http://ameblo.jp/m-yosshy/

E-mail:matsuyoshi_927@yahoo.co.jp

 

 第7回月曜クラブ(東松山)のご案内

次回の月曜クラブは東松山の番ですので、ホテル紫雲閣でおこないます。ただし、日曜日の開催ですので、お間違いになられぬよう、ご注意ください。

日時 2月21日(日)正午(12時)より

会場 東松山/ホテル紫雲閣

東松山市箭弓町2-5-14 TEL 0493-23-5151

会費 100円(飲物+茶菓代)

(お昼どきですので、11時半からお弁当をご用意できます。その際は、別途1,000円を申し受けます)


▲ページトップに戻る