松崎代議士は国土交通部門座長の政調副会長(第108回2011年9月30日)

 野田内閣の発足にともない、副大臣・政務官、衆参両院の常任委員長・特別委員長、党役員などの一連の人事がおこなわれました。松崎哲久代議士は、菅内閣では政策調査会の文部科学部門会議座長、衆議院文部科学常任委員会理事、政治倫理・選挙法改正特別委員会理事を務めていましたが(党広報委員長代理は1月まで)、野田新体制では「政策調査会副会長で国土交通部門会議座長を兼務」することになりました。

 民主党の政策調査会は、政権交代後、(1)政府と党の政策決定を一元化する、(2)自民党時代のように族議員を跋扈(ばっこ)させない、等々の観点で一旦廃止されましたが、政策決定過程を透明化するための試行錯誤ととらえて、昨年7月に復活されました。前任の玄葉光一郎政調会長時代は国家戦略担当大臣との兼務で(1)を担保しましたが、今回の前原誠司政調会長は、(3)党の事前承認制をテコに一元化の実を挙げる、ことを目ざしています。

 結果として、政府の府省に対応して置かれる部門会議の比重が高まり、その座長には政調副会長をもって充てることとされました。というよりも、実質的には副大臣・政務官の経験者が座長になるという人事ルールが適用されたように見えます(松崎代議士は政府の役職は未経験ですが、文部科学部門の座長経験者として国土交通部門へ異動、決算→法務の松野座長も同様です)。

 

政策調査会役員一覧

政策調査会長 前原誠司 衆6 (元・外務大臣、国土交通大臣)
会長代行 仙谷由人 衆6 (元・内閣官房長官、国家戦略担当大臣)
会長代理 三井辨雄 衆4 (前・国土交通副大臣)
会長代理 桜井充 参3a (前・財務副大臣)
筆頭副会長 大島敦 衆4 (元・内閣府副大臣、前・内閣部門会議座長)
副会長 長妻昭 衆4 厚生労働部門会議座長(元・厚生労働大臣)
副会長 中山義活 衆4- 経済産業部門会議座長(前・経済産業大臣政務官)
副会長 菊田真紀子 衆3 外務部門会議座長(前・外務大臣政務官)
副会長 田村謙治 衆3- 内閣部門会議座長(元・内閣府大臣政務官、前・国交部門会議座長)
副会長 横山北斗 衆2 環境部門会議座長(前・衆議院議院運営委員会理事)
副会長 階猛 衆2- 決算・行政監視部門会議座長(元・総務大臣政務官)
副会長 松崎哲久 衆2 国土交通部門会議座長(前・文部科学部門会議座長)
副会長 郡司彰 参3a 農林水産部門会議座長(元・農林水産副大臣)
副会長 鈴木寛 参2b 文部科学部門会議座長(前・文部科学副大臣)
副会長 榛葉賀津也 参2b 防衛部門会議座長(元・防衛副大臣)
副会長 大久保勉 参2a 財務金融部門会議座長(前・組織委員会副委員長)
副会長 松野信夫 衆1参1b 法務部門会議座長(前・決算部門会議座長)
副会長 加賀谷健 参1b 総務部門会議座長(前・総務部門会議座長)
副会長 吉良州司 衆3 特命担当(前・外務部門会議座長、元・外務大臣政務官)
副会長 小川淳也 衆2 予算担当(元・総務大臣政務官)
副会長 中村哲治 衆2参1b 特命担当(元・法務大臣政務官)
副会長 金子恵美 参1b 特命担当(前・副幹事長)

註) 衆1〜6は衆議院当選回数、参1〜3は参議院当選回数(aは前半、bは後半)、-は補選または繰上当選

井口氏、金丸氏を公認――小川・嵐山町議選(第107回2011年7月12日)

民主党は来たる8月23日告示、28日投開票予定の小川町議会議員選挙に現職の井口りょういち氏、9月27日告示、10月2日投開票予定の嵐山町議会議員選挙に現職の金丸ともあき氏を公認することを決定いたしました。

井口亮一氏の写真 井口氏は1952年(昭和27年)生まれの59歳。同町みどりが丘5丁目に在住で、みどりが丘住宅地共用施設管理組合副理事長を務めています。また、関東サッカー協会審判員、埼玉県サッカー協会レフリーインストラクター、比企郡サッカー協会審判部長等も歴任しています。

2007年の前回選挙で初当選後、議会運営委員会副委員長、経済建設常任委員会委員などを務めてきました。

当選、投票率61.53%(前回65.25%)。

 

金丸友章氏の写真 金丸氏は1949年(昭和24年)生まれの62歳。中央大学文学部で社会学を専攻し、卒業後は、医療法人、法律事務所勤務などを経て、株式会社J・COMS(東京・新宿)に20年以上勤続、2007年の前回選挙で初当選後に退職。現在は松崎哲久衆議院議員秘書も兼務しています。同町広野の文化村に91年から在住。広野2区の区長代理として自治会活動にも携わりました。町議会では、議会報編集委員会委員長、文教厚生委員会委員などを務めてきました。

次点、投票率62.15%(前回63.67%)。

 

 連合埼玉も推薦決定

働く仲間の応援団・労働組合の県組織である「連合埼玉」は、7月6日の執行委員会で小川町議選に立候補予定の井口りょういち氏、嵐山町議選に立候補予定の金丸ともあき氏の推薦を決定しました。「働くことを軸とする安心社会」の実現を目ざす「連合」の政策に協力し、「希望と安心の社会づくり」に努力する両氏の議員活動が評価されたものです。

 その次は坂戸市議選

8月28日の小川町議選、10月2日の嵐山町議選の次に執行される埼玉10区内の選挙は、来年(2012)4月の坂戸市長選と、同市議会議員選挙です。国政の動向や民主党の党勢などを慎重に見極めながら、次の選挙への対応を決めてまいりたいと思います。

統一地方選挙公認候補予定者(第106回2011年4月7日)

民主党は、東松山市議選に初めての公認候補を擁立するほかは、いずれも2007年選挙で当選した現職議員の再挑戦となります。なお、東松山市議選には連合埼玉推薦の関口武雄氏(ボッシュ労働組合)と昨年8月の市長選挙で惜敗した松坂よしひろ氏(民主党推薦)、川島町議選には本年1月の町長選挙で惜敗したさいど証氏(民主党推薦)も立候補を予定しています。また、松崎代議士の支援者で、それぞれの選挙に出馬予定の方もいます。

 

告示は、市議選は17日(日)、町議選は19日(火)。

投票は、どちらも24日(日)。

 


くにしまとしお氏の写真 【東松山市】

国島 寿夫(くにしま としお)
松崎哲久衆議院議員秘書。
1969年、東松山市和泉町生まれ。 市立松山第一小学校・松山中学校、県立松山高校を経て、アメリカのサザン・イリノイ大学で学び、JA埼玉中央など勤務。

東松山市和泉町7-46
Tel.0493-22-5588

次点

たかはしけんじ氏の写真 【鶴ヶ島市】

高橋 剣二(たかはし けんじ)
鶴ヶ島市議会議員(2期)
1973年生まれ。県立松山高校、埼玉大学理学部化学学科卒業。埼玉県行政書士会西入間支部会員。西入間青年会議所理事。

鶴ヶ島市脚折町3-33-21-105
Tel.049-279-7575

当選

たぐちゆきお氏の写真 【鶴ヶ島市】

田口 幸央(たぐち ゆきお)
鶴ヶ島市議会議員(1期)
1945年生まれ。東京大学農学部林産学科を卒業後、大日本印刷に入社、関連会社を定年退職。若葉台第2住宅自治会長、富士見中学校PTA会長など務める。

鶴ヶ島市富士見1-18-33
Tel.049-279-5037

次点

うえのひろし氏の写真 【滑川町】

上野 廣(うえの ひろし)
滑川町議会議員(3期)
1947年、滑川町羽尾生まれ。宮前小・中学校、県立川越高校卒業、東北大学工学部、大学院修了。東燃化学入社、旧大井町の石油化学製品研究所長。

滑川町羽尾1159-3
Tel.0493-56-5961

当選

ためみずじゅんじ氏の写真 【川島町】

為水 順二(ためみず じゅんじ)
川島町議会議員(1期)
1971年生まれ。伊草小学校、川島中学校、武蔵越生(旧私立越生)高校建築科卒業。爲水工務店。宅地建物取引主任者、二級建築士。

川島町上伊草574-7
Tel.049-297-0420

当選

やなぎやいずみ氏の写真 【吉見町】

柳谷 泉(やなぎや いずみ)
吉見町議会議員(2期)
1974年、吉見町長谷生まれ。吉見町立西小学校、吉見中学校、吉見高校卒業。吉見町社会福祉協議会理事。吉見町サッカー協会副会長。

吉見町北吉見1316-2
Tel.0493-54-0500

次点

にっさかかずひさ氏の写真 【鳩山町】

日坂 和久(にっさか かずひさ)
鳩山町議会議員(1期)
1958年生まれ。専修大学経済学部卒業。埼玉県PTA連合会理事。鳩山町PTA連絡協議会会長。鳩山町社会教育委員・図書館協議会委員。

鳩山町楓ヶ丘2-14-10
Tel.049-296-4029

当選

民主党再生を期して新春懇親会を開催(第105回2011年1月5日)

 1月4日、坂戸市の市民文化会館に党員・サポーター・後援会員を約100名集めて、新春懇親会が開催されました。例年ですと年末に忘年会、納会、年明けに仕事始めという流れでしたが、政権党になり、松崎総支部長が政調の文部科学部会座長に就任したこともあり、税制改正や予算編成作業に支障が出ないよう、新たな段取りに変えてみました。

 結果は上々で、皆、年末の多忙な時よりも初春の新しい気分で集まることが出来ました。話題はもちろん一つ。今は党内で内輪もめなどしている場合でなく、とにかく「政権交代。」の原点に戻って、民主党政権の再生を期していこうということ。あれほど大きな結束が出来た後援会なのだから「再び」と誓いあいました。

新春懇親会の様子

▲ページトップに戻る